• 田口房国

29.34%、得票率が低い!?~香川県知事選挙より想う~





私の知り合いの田中達也さんが、香川県知事選挙の投票が29.34%だった事の意見を、

FB上で募っていて、なかなか面白かった。



 

香川県知事選挙の投票率が29.34%だったことについて、

皆さんがどう感じているのかを聞きたいのですが、いかがでしょうか?

(田中達也 8月27日 Facebook)


 


と率直に聞かれて、面白い議論になっていた。

さて、この件に関して、

私は、まず、政治家が「投票率を上げましょう!」と言うのは、

自分自身への信任に箔をつけるようで、

あまりいい気がしないのだ。


そもそも、投票率が低いのは、

1)争点がない

2)目玉の政策がない

3)候補者に魅力がない

からであろう。


例えば、優勝チームが決まってしまったあとのプロ野球の下位チームの試合なんて、

動員数も少なければテレビ中継もないかもしれない。

戦いのホンキ度は終わり、目玉の戦略もなく、選手に覇気がなく魅力がない。

それでは、テレビはみない。

「それでも、おまえは、ドラゴンズファンか!」

と怒られても、やはり、興味のないものは興味ないのだ。

しかし政治に関しては、興味より大切なことがある。



一番は、

・平和である

ということ。

平和と言うと、まやかしかもしれないが・・・。

あらためて、得票率というものをきっかけに、

無関心と興味と行動について考えさせられつつ、

自ら、魅力的な政策力、実行力をつけたいもの。

これはビジネスでも似ている。



閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示